top
concept
flow
works
profile
link
blog


concept コンセプト


経験から学び、継承する

建築(すまい)は長い時の中で暮らしと共に歩んできました。

そこではさまざまな試行錯誤が行われ、自然と融合する知恵、安全性を保ち利便性を高める技術、さまざまな生活文化が蓄積されています。

これらの記憶や経験から学び、今日に相応しい姿を模索しながら、伝えてゆくことが大切だと考えています。

長く安心して住むことができるのはもちろん、ライフスタイルについてよく話し合い丁寧に造りたいと思います。

豊かな暮らしの器として人の心や身体、環境とふれあうものでありたいと思います。 

住む人の思い、設計の意図、つくり手の息づかいが伝わる家。 自然素材、地産地消を心掛けます。

そして周辺環境を読み取り、地域からも愛され誇りとなる生活環境をつくりたいと思います。

 

設計 施工の分離 のすすめ

一般的に家造りは設計から施工まで行う「設計施工一括」と、設計と施工を分ける「設計 施工の分離」という方法があります。

「設計 施工の分離」によって設計事務所は独立した立場となり、施主の側に立ち工事やコストのチェックができるようになります。

施主 + 設計事務所 + 信頼できる施工者 が三位一体となり取組むことが最良な方法と自負しています。

また、多様化した今日では、工法、材料、法規、契約、支払いなどで戸惑われる方が多いようです。

職能に基づいた身近な専門家として適切にアドバイスするよう心掛けています。

 

建築のコスト、設計監理料 について

多くの方が、ハウスメーカーや工務店に依頼すればコストは抑えられると思っているようです。

見積に明記はされませんが、営業、広告、展示場などの経費や、社内や外注で行われる設計監理料がかかっています。

また工事監理は社内で行われるものになります。

設計事務所は、見積内容が適正であるか独立した立場でチェックします。

また施工が正しく行われているか独立した立場で監理をしますので、より安心で確かなものになります。

かかるのは、工事費+設計監理料となり、費用のほとんどは建物に使われます。

設計監理料は、30〜40坪の住宅の場合10%程度になります。詳しくは、用途、規模、構造などにより異なることもありますのでお問い合わせ下さい。

設計事務所による家づくりの主なメリットは

・良く検討することにより、ここちよく長く住める家になります。 結果的に予算を有効に使うことになります。

・職能に基づき独立した立場でアドバイスをします。 契約や費用、施工のトラブルを未然に防ぐことができます。

・敷地条件や予算が厳しい時もご相談下さい。 バランスの良い予算配分を行い、また設計の工夫も試みます。



森建築設計室

MORI ARCHITECTURAL DESIGN