中村区 K邸

 以前ここの近くで設計監理した住宅の施主とはお知り合いで、その住宅を見て気に入っていただきご依頼をうけました。このように仕事がつながるのは我々にとって理想的で大変感謝しております。
中村区では3件目の住宅になります。敷地は、古くからある住宅地に良く見られるように南北に細長い形状をしています。地盤調査の結果3Mの柱状改良を行いました。
限られた敷地の中で、実際の広さ以上に広く感じられるように、真壁納まりとし、玄関、廊下、階段といった空間も居室と連続させ広がりをもたせています。
光が、白く奥深い内部空間の中で反射し適度な陰影を与えています。
中庭は通風、採光を確保するのはもちろん、家族の適度な距離感を保つ役割もしています。

 

敷地面積 24坪
延床面積 27坪
ロフト  3.5坪

 

撮影 多田ユウコ写真事務所